在校生インタビュー

中原 翔太 さん
●Wライセンスコース
(栄養+調理)

2つのコースを学ぶのは大変でしたが、日々調理技術の向上を感じています

 私は小学生の頃から野球を始めました。そして高校生のとき「甲子園で2勝以上」という目標を掲げ、食生活を一から見直しました。「パフォーマンスの向上のために何をどれくらい食べるといいのか」毎日考えているうちに、始めは辛いと思っていた食事トレーニングが楽しくなっていきました。

 それと同時に、美味しくかつ栄養バランスのとれた料理を自分で作ることができれば、より一層食事トレーニングが楽しくなるのではないか、また自分が作った料理を食べてもらいたいという思いが生まれ、栄養士と調理師の両方の資格が取得できる当校のWライセンスコースに入学しました。

 2つのコースを学ぶのは慣れるまで大変でしたが、どちらのコースも調理実習が多く、日々調理技術の向上を感じています。また互いに切磋琢磨できる仲間もでき、楽しい学校生活を送っています。

飯塚 未羽 さん
●Wライセンスコース
(栄養+調理)

将来は患者さん一人一人に寄り添った食事の提供ができる栄養士になりたい

 私は、過去に貧血だったとき、それを改善する食事を摂りたいと思ったことがきっかけで、栄養バランスを考えることの楽しさを知りました。また入院経験があり、そのときの病院食がとても美味しく、自分も食事作りに携わってみたいと思いました。

 当校に入学してみて調理実習が多く、日々調理技術の向上を実感しています。また、座学の授業で学んだ知識も、調理実習で実際に食材を扱ったり、食品衛生学実験などを通して体感できるため、とても分かりやすく、知識を深めることができています。入学するまでは、勉強や実習などが忙しく大変そうだと思っていましたが、それ以上に毎日が楽しく充実感に溢れています。また苦手な勉強も、友達と教え合ったりしながら頑張っています。将来は、他職種の方と連携しながら、患者さん一人一人に寄り添った食事の提供ができる栄養士になりたいと思っています。

永瀨 実世 さん
●栄養士コース

自分が生まれ育った島根県で、自分が料理を作り、人々の健康を手助けしたい

 私は幼い頃から食べることが大好きで、将来は食に関わる仕事に就きたいと思っていました。中学生の頃、考えた献立や作った料理で人々を健康に、そして笑顔にできる栄養士の仕事に魅力を感じ、目指すようになりました。

 また将来は自分が生まれ育った島根県で、自分が料理を作り、人々の健康を手助けしたいと考えていたため、豊富な調理実習が特色である当校の栄養士科に入学しました。

 私はもともとあまり料理が得意ではなかったのですが、たくさんの調理実習をこなすうちに、調理技術が向上してきたことを実感しています。また当校の授業の中で、高校で学んだ食品についての知識をより深めることができています。

 そして、同じ目標を持ったクラスメイトと互いを高め合いながら、充実した学校生活を送っています。

岡 瑠花 さん
●Wライセンスコース
(製菓製パン+調理)

製菓と調理の両方の資格を取得してスキルアップしたい

 私は幼い頃から母の料理を手伝ったり、作っている所を見るのが好きだったため、将来は食品関係の仕事に就きたいと考えるようになりました。高校生の時に当校のオープンキャンパスに参加し、製菓と調理の両方の資格が取れるWライセンスコースがあることを知りました。両方の資格を取得することが出来れば、将来自分のスキルがあがり、食の幅が広がるのではないかと思い、Wライセンスコースに入学することを決めました。

 現在は調理コースで、西洋・中華・日本料理など幅広い分野を学んでいます。先生方に教えてもらったこと一つ一つを自分のものにできるように、日々学習していこうと思います。

 また、今年は就職活動も並行して行う必要があり、さらに8月には製菓衛生師国家試験の受験が控えているので両立して頑張りたいです。

江田 ひなた さん
●Wライセンスコース
(製菓製パン+調理)

自分の作ったお菓子でたくさんの人々を笑顔にして幸せにするパティシエになりたい

 私は幼い頃からお菓子作りが好きで、将来パティシエになるために当校の製菓・調理Wライセンスコースに入学しました。Wライセンスコースは製菓と調理の両方の資格を取ることが出来るため、学ぶ知識や技術の幅が広がり、進路の選択肢が増えていいと思いました。他にも多くの資格があるので将来のためにも取得出来るように頑張りたいです。

 今は製菓製パンコースで先生のデモンストレーションを近くで見ながら日々学習しています。実習時間が多く、歴史のある洋菓子やパンを作っていてとても楽しく充実しています。将来は、自分のお店を開き、自分の作ったお菓子でたくさんの人々を笑顔にして幸せにするパティシエになれるよう頑張ります。

西村 大知 さん
●Wライセンスコース
(製菓製パン+調理)

大好きな山陰を「食」で盛り上げたい!

 僕は「食」に関わる仕事をしたいと思い、当校の製菓・調理Wライセンスコースに入学しました。全国各地に専門学校がある中で当校に決めた理由は、地元である山陰が好きで離れたくなかったからです。

 学校での挨拶は朝も昼も「おはようございます」です。そこに新鮮さを感じながらも現場と同じ空間だと思い、挨拶を身につけることを意識しています。製菓衛生師科は実習時間が多く、作ったものを持って帰って食べたり、食べてもらい喜んでもらえると次の実習のモチベーションにもつながります。そして食べた人を幸せにしてくれるため、僕は食を通じて幸せを届けられるパティシエを目指して努力していきたいと思います。

藤原 愛理 さん
●Wライセンスコース
(製菓製パン+調理)

結婚式場で働きたいという思いもあり製菓と調理のWライセンスコースを選択

 私は小さい頃からお菓子作りが好きで、パティシエになるため当校に入学しました。結婚式場で働きたいという思いもあるので、製菓と調理のWライセンスコースを選択しました。

 製菓衛生師科では実習時間数が多く、ショートケーキやフィナンシェ、クロワッサンなど色々な種類のスイーツやパンを作ることができます。その為、レストランやケーキ店、パン屋など、どの分野に就職しても即戦力になることができると思います。

 今年は調理師科として包丁の持ち方、だしのとり方など一から学び、調理もできるパティシエを目指したいです。8月にある製菓衛生師国家試験は調理師科で復習をしながら一発合格を目指して頑張ります。

 学生生活は高校までとは違い、年が離れている人も多く初めはとても新鮮でした。実習を通していろいろな人と協力し、コミュニケーションをとることで、実習がさらに楽しく、充実した学校生活を過ごせています。

神村 慶人 さん
●調理コース(1年制)

幼い頃からの夢である調理師に!

 僕は、幼い頃からの夢である調理師になるために、調理師免許を最短の1年で取得することのできる当校の調理コース1年制に入学しました。

 この学校の特徴は、なんと言っても豊富な実習時間だと感じています。授業では毎日のように実習があり、料理の基本である包丁の持ち方、研ぎ方、野菜の切り方など細かく学ぶことができるので「料理をあまりしたことがない」、「入学しても周りに付いていけるか不安」という方でも、とても学びやすい環境だと思います。授業はまだ始まったばかりで、これからどんな料理が学べるかワクワクしています♪

 基礎から応用まで確かな技術と、知識をしっかりと身につけ立派な調理師になれるよう頑張ります!!

 調理師に興味がある方、料理が好きな方には入学をおすすめします!


PAGE TOP