学科について|プラス専門コース(集中講座)

ホーム > 学科について > 選べる5つの専門コース-基本コースにプラスの専門知識

平成26年度STRAT選べる5つの専門コース-基本コースにプラスの専門知識

選べる5つの専門コース-基本コースにプラスの専門知識
「料理の勉強もしたいけど、ブライダルにも興味がある」「調理の技術を介護の仕事に生かしたい」「将来カフェを開きたい」など、調理と製菓製パンの基本知識と技術の習得はもちろん、あなたの意欲と興味を満たす特別集中コースをプラスして選択することができます。
 

ブライダル・サービスコース

近年ブライダルは年々変化してきており、ガーデンウエディング・ハウスウエディングなど若者のニーズを反映させた形態が主流となりつつあります。このコースでは、初心者を対象に、ブライダルの意味からスタートし、ブライダルサービスの基本、ホスピタリティーについて学びます。 また、ブライダルに必要不可欠なフラワー、特にブーケ作成にも挑戦します。オリジナリティあふれたブーケ製作を専門家の指導により学びます。 将来的には、当コースでは実際のウエディング会場(現場)とタイアップして、学生による「模擬ウエディング」の実施を目指します。入門、基礎・応用から現場までのステップアップを図っていく予定です。
 

福祉介護調理コース ※調理師科学生のみ選択可

高齢化社会の本格的到来を受けて、高齢者に向けて「調理」は益々重要なものとなってきております。近時脚光を浴びている資格「介護食士」は、厚生労働大臣許可の(社)全国調理職業訓練協会が、介護に携わる方たちの調理技術を向上させる目的で設けた認定資格制度です。要介護者にとって介護食は、生きていくためになくてはならないものです。従って、介護食に関する知識は、ホームヘルパーや栄養士、調理師、介護福祉士など、介護関係の仕事に携わる方に人気があり、年間約3,500人もの有資格者を輩出しています。介護食士は、要介護者向けの食事が提供できる専門知識を学んだ人に与えられる資格です。 当校では、介護食士の資格取得を希望する方のために、「福祉介護調理コース」を設置しています。3級は、介護食の基礎知識を取得できるので、介護食に興味がある学生が受講しています。
 

こども・食育コース

将来保育所で調理の仕事に就きたいと希望する学生は多くなってきております。「こども・食育コース」では、保育に関する基礎知識を学ぶと同時に、「食育」を実践できる指導者を養成します。具体的には、こどもの体・おやつ・好き嫌い・アトピー・除去食、保育所における食事の基準、子どもの味覚を育てる「食育」、虫歯予防等について学びます。 また、近時人気の「キャラ弁」(キャラクター弁当)及び幼稚園・保育園で人気のクッキング保育(一緒にクッキング)、絵本の中の食べ物を作る絵本クッキング(ぐりとぐら・14ひきのねずみシリーズ などから)にも挑戦します。栄養補給としての弁当・おやつの学習を通して子どもの食事・食生活について学びます。
 

カフェ・バリスタコース※製菓衛生師科学生のみ選択可

カフェに憧れる人が増えています。本コースでは、カフェ経営に必要な知識及び技術を学びます。バリスタ実習として、現場で使われているのと同じエスプレッソマシンを使って、エスプレッソ、カプチーノ、デザインカプチーノを作り出す技術を身につけます。 また、カフェフード実習として、ピラフやサンドイッチ、パスタ、サラダなどのワンプレートランチにも挑戦!ドリンクとの組み合わせ、お客様に提供するカフェメニューづくりのノウハウを習得します。 熟練には練習に次ぐ練習が必要です。自己研鑽を積み、カフェオーナー・バリスタへの第一歩を踏み出しましょう。
 

ソムリエコース

飲食業界で必要不可欠なアルコールの内、特に「ワイン」について学ぶコースです。専門家である「ソムリエ」が指導を担当し、「ぶどう」の種類から始まり、ワインの種類、ワイン生産国毎の特徴等について学んでいきます。 また、本物のワインを実際にテイスティング*してみて、奏でるアロマ・色調から、ワインの持つ特性、ビンテージ(生産年)を探ります。学べば学ぶほど奥の深い「ワイン」の導入編ともなるコースで、専門家であるソムリエを目指す道も開けます。 ※色・香りによるテイスティングです(アルコールの摂取は行いません)。

PAGE TOP