調理コース(2年制)

ホーム > 調理コース index > 調理2年制コース

調理コース 2年制

ゆったり、じっくり、深く学んで卒業=「即戦力」の調理師に

「即戦力」の調理師を養成します!

松江調理製菓製パンカレッジでは、より「即戦力」を養う新たなコースとして、2年制を新設しました。

今までの実習に加えて現場での実践的な体験と、少人数制できめ細かい指導を通して、プロとして必要なスキルをしっかりと習得します。

また、経営学の授業を通して、調理技術だけでなく店舗経営のノウハウも習得していきます。

大きな6つ魅力(調理コース2年制ならではのメリット)

1. 資格取得(2年制のみで取得可能な資格)
2年制でさらに多くの資格取得を目指します。

レストランサービス技能士受験資格・介護食士2級等)
1. 資格取得(2年制のみで取得可能な資格)
ホテルレストラン等での現場実習を通して「即戦力」の調理師を養成します。
1. 資格取得(2年制のみで取得可能な資格)
金利、保証人の面でも優遇されている独立行政法人日本学生支援機構の奨学金制度が利用可能となります。
1. 資格取得(2年制のみで取得可能な資格)
1年制では定員40名のところ、2年制では定員を20名とし、さらに徹底した指導を行います。
1. 資格取得(2年制のみで取得可能な資格)
2年間という時間を有効に使い、多くの実習を行います。
1. 資格取得(2年制のみで取得可能な資格)
料理についてだけではなく、将来の独立や出店の際に必要となる経営学を学びます。

調理2年制コース カリキュラム

豊富な現場実習

地元大手ホテル・レストラン・社会福祉法人施設等での「現場実習」を年間150時間程度行います。第1年度に学校での調理実習で基礎を固め、第2年度で「現場」で実習を体験し、まさに「現場感覚」を醸成してゆきます。卒業後に、現場で「即戦力」となる調理師を養成します。「じっくり」・「ゆっくり」・「しっかり」と技術を身に付けます。

更に数多くの資格取得を目指します!

現行の「1年制」でも調理に関する様々な資格が取得できますが、2年制では更に多くの資格取得を目指します。具体的には「介護食士2級」(1年制では「3級」取得)及び国家資格「3級レストランサービス技能士」(当校で受験資格を取得)等の資格取得を目指します。特に当校は、「レストランサービス技能士」の国家試験を分掌する「社団法人日本ホテルレストランサービス技能協会」の認承校に山陰地方で初めて指定されました。サービスに関する実習・学科を学び、当校卒業と同時に受験資格が取得できます。

理 論

食生活と健康【90時間】
●公衆衛生学(70時間)
健康の保持・増進に寄与する食生活の重要性を認識するとともに、我が国の健康の現状についても学びます。
●行政法規(20時間)
調理師法や健康増進法及び食育基本法などの健康づくりや食生活の向上に関する法規、それに関連する対策及び活動について学び、調理師が果たすべき役割についての理解を深めます。
食品と栄養の特性【150時間】
●食品学(60時間)
食品の成分や特徴、食品の加工や貯蔵の方法、生産や流通の仕組みについて学びます。
●栄養学(90時間)
各栄養素の機能とそれを含む食品とその摂取法など、バランスの取れた食生活を築くための基礎知識を学びます。
食品の安全と衛生【150時間】
●食品衛生学(90時間)
食品の安全の重要性を認識し、飲食による危害の原因とその予防法に関する知識を習得します。
●食品衛生学実習(30時間)
基本的な知識を習得したのち、食品の鮮度判定など、食品衛生学に基づいた実習を行います。
●衛生法規(30時間)
食品衛生に関する法規及び対策の目的や内容を理解し、食品衛生の管理を担う調理師としての自覚を養います。
調理理論と食の文化概論【180時間】
●調理理論(150時間)
調理の原理について、栄養面、安全面、嗜好面(おいしさ)等から、科学的に理解するとともに、調理に使う食材の特徴、調理の基本操作、調理の目的や規模に応じた調理器具・設備等に関する知識を習得します。
●食文化概論(30時間)
食文化の成り立ち、日本と世界の食文化及びその料理の特性を理解し、食文化の継承を担う調理師としての自覚を養います。

実 習

調理実習【300時間】
基本的な知識を習得したのち、日本料理、西洋料理、中国料理を行います。
●日本料理
刺身や焼き物、揚げ物、煮物など日本料理のさまざまな料理方法を学びます。
●西洋料理
フランス料理を中心に世界数カ国の様々な料理を学びます。
●中国料理
蒸菜、溜菜、麺料理や餃子など四大系統(広東、四川、上海、北京)を中心に学びます。
総合調理実習【90時間】
●集団調理、特殊調理実習
衛生的な調理方法、大量調理などを学びます。また、糖尿病をはじめとする、各種病気に対応した限定された食材での調理についても学びます。
●介護調理
介護食士3級の資格認定に向け、調理実習を行います。高齢者の嗜好に合わせた食事や身体機能に合わせた食事形態を学び実践していきます。
2年次には2級の資格認定に向け、とろみ剤や凝固剤の使い方など実践的な技術習得を目指します。
高度調理技術実習【230時間】
●応用調理実習(230時間)
1年次に修得した技術をもとに、日本料理、西洋料理、中国料理について調理実習を行い、更に高度な調理技術の修得を目指します。
フードサービス実習【330時間以上】
●フードサービス論(90時間)
現在のマーケティングや経営管理、商品開発、登録商標など、経営のための基礎からマネジメント全般のノウハウを学びます。
●フードビジネス実習(270時間)
3級レストランサービス技能士の取得に向け、接客の仕方やテーブルセッティングなど、実践を交えて学びます。
また、計画・調理・接客すべてを学生主体で行うカフェを開催することで、店舗運営の流れを実践を通して学びます。
校外実習【150時間】
地元ホテルや病院、飲食店、社会福祉法人施設等での現場実習を行います。実際の調理現場を体験し「現場感覚」を醸成することで、卒業後に「即戦力」となる調理師を目指します。

2年間の主な調理実習内容とカリキュラムカレンダー

※下のカレンダーはクリックで拡大表示します。

カレンダーイメージ

学期と授業時間

  • ●3学期制 [1学期:4月~7月]
           [2学期:9月~12月]
           [3学期:1月~3月]
  • ●授業/午前9時~午後3時50分
  • ●休日/土曜・日曜・祝祭日、

     夏期休暇:約30日、冬期休暇:約15日

Ecole CPB充実のキャンパスライフ



PAGE TOP