本校の学生に、実際の生活の様子を少しだけ聞いてみました!

島谷夏帆さん
●栄養士コース

将来はスポーツをする人をサポートできる栄養士になりたいです。

 高校時代に陸上部に所属し、日々の練習だけでなく食事トレーニングにも取り組んでいました。それがきっかけとなり、食物の栄養素について興味を持つようになりました。

 当校の栄養士コースはスポーツ栄養に特化し、「アスリートフードマイスター3級」資格なども取得できることから入学を決めました。

 難しい授業もありますが、1つ1つが栄養士となる将来へ繋がるものばかりです。また「調理のできる栄養士」を目指すため調理実習の時間数が多いことも特徴です。

 栄養バランスを考え、さらに調理技術を磨くことができ、日々栄養士としてのスキルアップを感じています。将来はスポーツをする人へのパフォーマンスの向上をサポートできる栄養士になりたいと思っています。

平尾実夕さん
●栄養士コース

私は将来、栄養士として働くのが夢です。

 松江栄養調理製菓専門学校では、調理実習の回数が多いため、栄養士としての知識だけでなく、調理技術も身につけることができます。 調理実習では、「だしのひき方」などの基本から料理の応用まで、自分の知らなかった調理技術を数多く学ぶことができます。新しいことを学ぶたびに嬉しくなり、また日々の生活でも活かせることばかりなので、とてもためになっています。

 このように調理実習を重ねることで、将来必ず仕事現場で役立つと思うので、日々の授業や調理実習もしっかりと学んでいきたいです。
また、学校生活も充実しており、楽しく過ごすことができています。これからも当校で努力を積み重ね、即戦力となれる栄養士になれるよう、頑張っていきたいと思います。

川上紗貴さん
●調理コース(2年制)

いろんな人の笑顔が見たい!

 私は、幼い頃に手料理を家族に食べてもらい「美味しい」と言ってくれ笑顔で食べてくれたのが嬉しかったです。そして、もっといろんな人の笑顔が見たいと思い調理師を目指すことにしました。

 そんなとき、地元にある松江栄養調理製菓専門学校を知りました。当校では、少人数制指導で先生と生徒の距離が近く2年間じっくりと丁寧に学べるという魅力に惹かれ入学を決めました。

 入学するとまず、包丁の持ち方からといった基礎的な技術をしっかり身につける実習が中心となります。2年目になると1年目の基礎を生かし、自分たちでメニューを考えてレストラン運営をしたりしています。

 来春からは地元のホテルに就職が内定しており、学校で学んだ技術・知識を生かし、貢献できるよう頑張りたいです。

栗林香穂さん
●調理コース(2年制)

作った料理で沢山の人の笑顔を増やしたい!

 私の家族には介護食を必要としている人がおり、その食事を見て「作ってあげたい」と思いました。それがきっかけで介護食に興味を持ち、調理師だけでなく介護食士の資格も取得できる松江栄養調理製菓専門学校に進学しました。

 調理2年制コースでは2年目に校外実習があり、それぞれの調理現場で研修を行います。私は病院で研修を行い、実際に病院の食事を作りました。治療食だけでなく介護食も調理し、改めて介護食には色々な形態の食事があることが分かり、貴重な体験ができたと思います。

 来春から地元の病院に就職が決まっています。残りの学校生活では技術面は勿論、精神面や人間性をさらに磨き即戦力となれるよう努力しています。将来は私の作った料理で沢山の人の笑顔を増やしたいです!

奥井ゆりさん
●調理コース(1年制)

全国調理技術コンクールに出場しました!

 私の実家は、食堂を経営しており、両親の姿を見て、私も将来は地元で働きたいと考えるようになりました。
 その為、山陰唯一の調理師学校で、最新の設備が整えられた環境、地域に根ざしている所に惹かれて、松江栄養調理製菓専門学校に進学しました。
 入学後は、全国調理技術コンクール(中国料理部門)に出場することとなり、放課後や夏休みには先生方に熱心にご指導いただきました。技術面だけではなく、精神面でも大きく成長でき、大変貴重な経験となりました。
 来春からは、地元の老舗料亭旅館に就職が決まっており、学校生活で培った調理の知識・技術と精神力を活かして頑張りたいです。

藤田 悠花さん
●製菓製パンコース

「食べるお茶」料理コンテストで最優秀賞を受賞しました!

 私は、地元で学べるところ、充実した設備や実習時間が豊富であるところに魅力を感じ、松江栄養調理製菓専門学校に入学しました。
 今回、不昧公200年祭を記念して行われた「食べるお茶」料理コンテストに応募し、抹茶の味をより深く味わえるように工夫した『恋抹茶ティラミス』が最優秀賞を受賞しました!
 「味のバランスが良かった」という評価をいただき、とても嬉しかったです。今回の貴重な経験を今後に活かし、将来は、地域に貢献できて、笑顔のあふれる幸せを与えられるパティシエになりたいです。

花田 妃奈さん
●製菓製パンコース

「食べるお茶」料理コンテストで優秀賞を受賞しました!

 幼い頃からお菓子を作ったり、調理をすることが好きだったのでもっと専門的に学びたいと思い、松江栄養調理製菓専門学校に入学しました。
 今回、不昧公200年祭を記念して行われた「食べるお茶」料理コンテストに応募しましたが、私は抹茶が大好きなので、考えるのがとても楽しかったです。自分が食べたいと思って考案した「お抹茶生どら焼き」が受賞し、現在商品化まで話が進んでおり、とても嬉しく思っています。
 今後は、製菓製パン業界で頑張っていきます!


PAGE TOP