本校の学生に、実際の生活の様子を少しだけ聞いてみました!

奥井ゆりさん
●調理コース(1年制)

全国調理技術コンクールに出場しました!

 私の実家は、食堂を経営しており、両親の姿を見て、私も将来は地元で働きたいと考えるようになりました。
 その為、山陰唯一の調理師学校で、最新の設備が整えられた環境、地域に根ざしている所に惹かれて、松江栄養調理製菓専門学校に進学しました。
 入学後は、全国調理技術コンクール(中国料理部門)に出場することとなり、放課後や夏休みには先生方に熱心にご指導いただきました。技術面だけではなく、精神面でも大きく成長でき、大変貴重な経験となりました。
 来春からは、地元の老舗料亭旅館に就職が決まっており、学校生活で培った調理の知識・技術と精神力を活かして頑張りたいです。

藤田 悠花さん
●製菓製パンコース

「食べるお茶」料理コンテストで最優秀賞を受賞しました!

 私は、地元で学べるところ、充実した設備や実習時間が豊富であるところに魅力を感じ、松江栄養調理製菓専門学校に入学しました。
 今回、不昧公200年祭を記念して行われた「食べるお茶」料理コンテストに応募し、抹茶の味をより深く味わえるように工夫した『恋抹茶ティラミス』が最優秀賞を受賞しました!
 「味のバランスが良かった」という評価をいただき、とても嬉しかったです。今回の貴重な経験を今後に活かし、将来は、地域に貢献できて、笑顔のあふれる幸せを与えられるパティシエになりたいです。

花田 妃奈さん
●製菓製パンコース

「食べるお茶」料理コンテストで優秀賞を受賞しました!

 幼い頃からお菓子を作ったり、調理をすることが好きだったのでもっと専門的に学びたいと思い、松江栄養調理製菓専門学校に入学しました。
 今回、不昧公200年祭を記念して行われた「食べるお茶」料理コンテストに応募しましたが、私は抹茶が大好きなので、考えるのがとても楽しかったです。自分が食べたいと思って考案した「お抹茶生どら焼き」が受賞し、現在商品化まで話が進んでおり、とても嬉しく思っています。
 今後は、製菓製パン業界で頑張っていきます!


PAGE TOP